タグの使い方

はじめに

ワードプレスのメニュー「投稿」内にある「タグ」の使い方について説明していきます。タグは読んで字の如く、札、付箋という意味です。記事の中で書かれているキーワードをタグで書いておくようなイメージです。例えば、グルメのブログ記事でラーメンについて書いたとしたら、”蒙古タンメン”、”激辛”、”目黒”のようなタグで付箋しておくようなイメージです。

カテゴリーとタグの違い

カテゴリーは分類、タグはキーワードといった概念で使い分けてよいかと思います。

タグ

さっそくタグの画面を見ていきましょう。
画面左メニューの「投稿」をマウスオーバーして、「タグ」をクリックします。
1x1.trans

タグの作成画面と一覧画面が同時に表示されます。
1x1.trans

名前

タグ名を入力します。
ここで入力した名前がWEBサイトに反映されます。

スラッグ

カテゴリーと同じく、「“スラッグ” は URL に適した形式の名前です。通常はすべて半角小文字で、英数字とハイフンのみが使われます。」と書かれている通り、URL(パーマリンク)で使用されます。
必須入力ではありませんが、設定しておいた方が良いでしょう。タグもURLを持っており、そのURLが日本語表記になってしまいます。URLの日本語表記のデメリットは「パーマリンク設定の使い方」で示した通り、記事のリンクを貼ったときに視認性が悪い、404エラーになる恐れがあるなどのデメリットがありますが、タグはカテゴリーほど投稿記事に関連するものではないので、こちらのスラッグは重要度は低いと考えます。

説明

カテゴリーと同じく、「この説明はデフォルトではあまり重要な意味を持ちませんが、これを表示するテーマも中にはあります。」とあるように基本的にはメモ書き用途のようです。

まとめ

  • カテゴリーは分類、タグはキーワードといった概念で使い分ける。