WordPressの使い方・Tips発信サイト

いざ転職!面接時の女性の服装とは?

今までの職場ではオフィスカジュアルだったからスーツは持っていない!という方は以外に多いようです。

特に女性の場合は、スカート、パンツ、インナーの種類など選択肢が男性よりも多いので、迷い始めたらキリがないですよね。

ここでは転職の面接の際、女性の服装についてまとめていきたいと思います。

面接を控えている女性の皆さん。良ければ参考にしてみてください!

やっぱりスカート?パンツスーツでも良いの?

パンツスーツでももちろん大丈夫です。

パンツスーツは営業職やキャリア志向の強い職種や業界などで活躍したい場合、アクティブな印象を与えられるでしょう。

パンツスーツの着こなしや全身のバランスをとるのが難しいと思ったらスカートが無難です。

事務職や秘書、受付などの面接では女性らしさが出るためスカートを履いていく人が多いようです。

ただし、スカートの場合は丈には気を付けましょう。

立った時に膝が隠れ、座った時に膝うえ5cm以内になるものを選びましょう。

試着する際には座った時の丈も確認しておくと安心です。

インナーは

女性の場合、インナーは選択肢が豊富です。

形はブラウス、シャツ、カットソー。

色は白やピンク、淡い色、シャツなら品のあるストライプ柄などを合わせる。

シンプルすぎるのを避けたいときは、リボンタイなど女性らしいデザインのインナーも良いでしょう。

とろみのある素材も女性らしいソフトな印象になります。

ただし、胸元が開きすぎているなどの露出が高いものは避けましょう。

オフィスカジュアルやスーツをメインで取り扱っているお店のインナーが馴染みやすいでしょう。

リクルートスーツではだめですか?

そもそもリクルートスーツはこれ!と言う概念はないそうです。

就活生が揃って同じものを着ているので、就活生が着ている=リクルートスーツの世間の認識が生まれたのですね。

就活生=二十代前半のイメージなので二十代後半以降にリクルートスーツを着てしまうと、どうしても幼く頼りない印象となってしまうので出来れば避けましょう。

ただ、リクルートスーツでもインナーを変えれば雰囲気をガラッと変えることが出来ます。

前述したように、やわらかい素材のブラウスだったり、優しいカラーのシャツ、カットソーにするだけで幼い印象がなくなります。

スーツに合わせる小物は?

バッグ

バッグはビジネス向けのシンプルなデザインで、A4サイズが折らずに収納できるもの。

面接時、足元に置く場合が多いので自立するものを選びましょう。

バッグとパンプスの色を合わせるのが良いでしょう。

パンプス

パンプスはシンプルなデザインでヒールは3~5センチの単色のものがお勧めです。

ピンヒール、デザインはシンプルでもエナメル素材は光沢感がスーツと合わないので避けましょう。

ストッキング

ビジネスシーンではストッキングの着用は必須です。

パンツスーツの場合でもストッキングは必ず着用しましょう。

破れやすいので、予備を持っていると安心ですね。

アクセサリー

アクセサリーは結婚指輪だけにしておくのが望ましいでしょう。

コート

スーツに合わせるコートは黒、ベージュ、グレー、ネイビーのものが良いでしょう。

トレンチ、チェスター、ステンカラー等、スーツに合う形がおススメです。

最終的には清潔感!

自身に似合うものを揃えることが出来たのに

スーツ・シャツにシワが入っていたり

パンプス・バッグが汚れていては台無しになってしまいますよね。

アイロンが苦手な方はクリーニングに出すことで解決出来ます。

シャツやブラウスを新しく購入する際はシワになりにくい素材のものを選ぶことをお勧めします。

パンプスやバッグもクタクタだったりヒールが削れて歩くと音がなってしまうものを

身に付けているとそれだけでくたびれた印象を与えてしまうかもしれません。

清潔感は意識すれば誰にでも身に付けることが出来ます。

逆を言えば気をつけず面接に臨むと意識や準備をしていないで面接に来たのかな?

とも思われてしまうと言うことです。

面接と言う限られた時間で相手に良い印象を残すためには清潔感は必須項目になりますね。

TPOに沿った服装で自信を持って面接に望みましょう!