WordPress・SEOの情報発信サイト

SEOに効果的なインデックスの利用方法|仕組みを解説

SEO DATABASE

インデックスに関するSEO対策、仕組みなどを網羅的にまとめました。

記事の最初の方で「SEO対策に効果的なこと」を書いています。

「SEO対策でどう使えるの?」と疑問を持っている人は前半部分だけでも読んで頂けたら幸いです。

インデックスとは

簡単に言うと『Googleのデータベースに登録され、保存されること』です。

一般的にインデックスという言葉は『索引』『見出し』と言った意味です。

SEOの観点では、Webページ(ご自身のサイトなど)の情報をデータベースに登録して保存されるまでの処理のことをインデックスと言う場合が多いです。

(「登録する処理がインデックスだ」「登録済みである状態がインデックスだ」と人によって捉え方が異なるかもしれません。ただ、こだわるところでは無いと思いますので「Googleの検索エンジンデータベースに登録されることなんだな」程度に覚えて頂ければと思います。)

検索エンジンのデータベースに登録されていると、Google検索で表示されるようになります。

逆に登録されていないと検索結果に表示されません。

SEOをビジネスに活かしたり、学んだりする上でとても大事な箇所です。

この記事では、SEOを踏まえたインデックスについて解説していきたいと思います。

インデックス関連でSEO対策に効果的なこと

小難しいインデックスの仕組み解説から入ると眠たくなってしまいますよね 笑

インデックス自体の理解の前に、インデックスに関するSEO対策について解説します。

タイトル、descriptionはよく考えて書く

ページのタイトル、description(説明文)はSEO対策の中でも重要な要素です。

タイトル: <title>タイトルサンプル</title>で囲まれた文章(「タイトルサンプル」がタイトルにあたります。WordPressの場合は投稿のタイトルがtitleタグで囲われます)

description: <meta name=”description” content=”説明文サンプル”>(「説明文サンプル」がdescriptionにあたります)

『タイトル、descriptionにはキーワードを入れる』というのは有名なSEO対策の1つですね。これと同じで、インデックスの仕組みを考慮すると『タイトル、descriptionをよく考えて書く』とSEO対策になります。

なぜかと言うと、インデックスされたページのタイトルとdescriptionが検索結果に表示される仕組みだからです。

両方にキーワードを入れるのも重要ですが、魅力的なタイトルとdescriptionにするとクリック率が上がります。

クリック率が高いとSEOにも効果がありますし、購入や申し込みに繋がる可能性も高くなるでしょう。

先ほど「魅力的」と書きましたが、「煽る」「中が気になる」タイトルでも良いかと思います。ちなみに「煽る」場合はほどほどに。

インデックス許可するページ、拒否するページを決める

サイト設計〜作成時に『インデックス許可するページ』と『拒否するページ』を決めておきましょう。

現在すでにサイトを運営されている人も、これを機に取り決めをしてみましょう。

「全ページをインデックスすればいいんじゃないの?」と思うかもしれません。ただ、サイトが扱っている内容と関係なかったり、コンテンツの内容が薄いページはGoogleにインデックスさせない方が良いです。

お問い合わせページ、サイト内の検索結果ページなどがインデックスさせないページの代表例になります。

ただし、「お問い合わせページは必ずインデックスさせない」と決めつけてしまうのはよく無いです。コンタクトセンターやサポートセンターを運営している企業の場合、ユーザーは検索からお問い合わせページに行きたい場合が多いでしょう。

この場合はお問い合わせページはインデックスさせるべきです。

『ユーザー目線でサイト設計する』という根本の考え方を忘れてはなりません。

インデックスさせない方法については『インデックスさせないときに実施すること』で詳しく解説します。

インデックス数を増やすことはSEOに効果があるのか

インデックス数というのはGoogleのデータベースに保存されているページ数と言ってよいでしょう。

結論から言うと、『ページ数』自体にSEO効果はありません。

SEOで大事なのはページの中身です。

コンテンツの質が高いページのインデックス数が増えることはSEO対策になります。逆に質の低い(または価値の無い)ページが増えてもSEO対策になりません。

質の低いページが増えるとサイト自体の評価が低くなる可能性もあります。

Googleは2011年にパンダ・アップデートというアルゴリズムのアップデートを実施しました(2011年というとずいぶん昔ですね)。

どのようなアップデートかと言うと「低品質なサイトの評価を下げる」というコンテンツの質にフォーカスしたアップデートです。

このアルゴリズムによって低品質なコンテンツで構成されたサイトは評価されづらくなりました。ページ数を稼ぐために質の低いコンテンツを量産してもSEO的にも効果がありません。

逆に質の高いコンテンツを積み上げていくとサイト自体の評価があがります。

最良のSEO対策は「ユーザーにとって付加価値の高いコンテンツを制作し続けること」です。

今後もユーザーファーストを心がけてコンテンツ制作しましょう。

インデックスの確認・追加・削除方法

ここでは、インデックスの確認・追加・削除方法を解説します。

インデックスの確認方法

インデックスされているかどうかの確認方法は2つあります。

    • Google検索してみる
  • Search Consoleで調べる

順に見て行きましょう。

Google検索してみる

実際にGoogle検索してみる方法です。

該当ページのタイトルが検索結果に表示されていたらインデックスされているという事になります。

例えば、弊サイトには『canonicalで重複コンテンツを回避しよう【ワードプレスcanonical設定】』というタイトルのページがあります。

ページタイトルをコピーして、検索窓に貼り付けします。

Google検索画面

検索結果にタイトルが表示されていたらOKです。インデックスされています。

こちらの確認方法は『簡単である』というのがメリットですが、公開したばかり、競合が強かったりすると1ページ目に表示されないことがあります。

10ページ目に表示されていることもありますので、確認が面倒です。

また、ページが重複判定を受けていると「インデックスされているのに検索結果に表示されない」という現象も起こるため非常にやっかいです。

インデックスされているかどうかを確実に知るにはSearch Consoleを利用した方が良いです。

Search Consoleで調べる

続いてSearch Consoleで調べる方法です。

Search Consoleはサイト管理者用のツールです。Googleが無料で提供しています。

Search Consoleの登録方法は以下のGoogleの公式サイトを参照ください。

Search Console の概要 | Google Search Consoleヘルプ

Search Consoleが利用可能な状態であれば確認方法は簡単です。

Search Consoleの上部にあるURL検査欄にインデックスの状態を調査したいURLを入力してEnterキーを押します。

search console URL

ページがインデックスされていないと以下のように表示されます。

search console noindex

ページがインデックスされていると以下のように表示されます。

search console index

インデックスを希望する場合は、インデックス登録をGoogleにリクエストする必要があります。

リクエストの方法は次の『インデックスの追加方法』で解説します。

インデックスの追加方法

インデックスの追加方法は以下の2つです。

  • 自然にインデックスされるのを待つ
  • インデックス登録リクエストする

順に見ていきましょう。

自然にインデックスされるのを待つ

GoogleはGooglebotという巡回システムを使って、世界中のWebサイトを巡回しています。

Googlebotが新規ページの情報、既存ページの更新情報を持ち帰ってデータベースにインデックス登録します。

巡回の頻度はサイトによって異なりますが、サイトがGooglebotの巡回を許可する設定になっていれば、いずれインデックス登録されます。

ただし、「早く検索結果に表示させてユーザーに閲覧してほしい」という場合がほとんどでしょう。

早くインデックスさせたい場合は、Search Consoleを使って『インデックス登録リクエスト』を実行します。

これより下で『インデックス登録リクエスト』の方法を解説します。

インデックス登録をリクエストする

Search Consoleの上部にあるURL検査欄にインデックスの状態を調査したいURLを入力してEnterキーを押します。

search console URL

インデックスされていないと以下のような結果が表示されます。

search console noindex

右下にある『インデックス登録をリクエスト』をクリックします。

search console リクエスト

インデックス登録リクエストが開始されます。

処理はちょっと時間がかかります。画面は閉じずに、他の仕事にとりかかりましょう。

 

インデックスの削除方法

インデックスの削除。つまり検索結果から削除することも可能です。

不要になったページ、価値の低いページが対象になるかと思います。

ここでは、インデックス削除のリクエスト方法について解説します。

まず初めにURL削除ツールを開きます。

参考: URL削除ツール

プロパティから削除したいURLを持つサイトを選択します。

URL削除画面1

『一時的に非表示にする』をクリックして、相対パス※を入力して『続行』をクリックします。

※例えば、http://example.com/contact を削除したい場合はcontactを入力します。

URL削除画面2

『キャッシュからURLを削除し、検索からURLを一時的に削除する』を選択します。

『リクエストを送信』をクリックします。

URL削除画面3

これで削除リクエスト完了です。

ただし、この方法は一時的な削除です。URLを完全に削除するには以下のいずれかの方法を取る必要があります。

  • ページ自体を削除する
  • ページへのアクセスをブロックする
  • ページにnoindex値を付加する

インデックスされないときの対応とチェック箇所

インデックスされない時の対応方法とチェック箇所を解説します。

Search Consoleでインデックス登録をリクエストする

インデックスされない時は、まずはSearch Consoleでインデックス登録をリクエストしてみましょう。

早ければ数分でインデックスしてくれます。

Search Consoleでインデックス登録をリクエストする方法は前述の『インデックスの追加方法』を参照ください。

noindexになっていないか確認する

ページのmetaタグにnoindexが入っているとインデックス登録してくれません。

noindexになってないか確認してみましょう。確認方法は以下の通りです。

GoogleChrome※を開きます。

※GoogleChromeを持ってない方はhttps://www.google.com/chrome/からダウンロードしてください。

デベロッパーツールを開きます。

  1. 画面右上の三点マーク
  2. その他ツール
  3. デベロッパーツール

headタグ内のmetaタグを確認します。

以下のような行がないか確認してください。

<meta name="robots" content="noindex,follow">

もし存在していたらGoogleに「インデックス登録しないで」と指示を出していることになります。

インデックスさせたい場合は上記のmetaタグを削除しましょう。

WordPressの場合は、Yoast SEOやAll in One SEO Packなどのプラグインでindex、noindexの操作ができます。

WordPressユーザーの人はどちらかのプラグインを入れておくと便利です。

Googlebotが拒否されていないか確認する

.htaccessを確認する

WebサーバーがApacheの場合は.htaccessというファイルが存在しています。設定ファイルの1つで、301リダイレクトを指示したり、URLの正規化をしたりするファイルです。

アクセスの許可・拒否の設定をすることもできます。

もし、インデックスされない場合はこちらのファイルの中身も確認してみましょう。

以下のような記述があるとGooglebot(Googleの巡回システム)が拒否されていることになります。

SetEnvIf User-Agent "Googlebot" deny_ua
order Allow,Deny
Allow from all
Deny from env=deny_ua

robots.txtを確認する

robots.txtは巡回システムがサイトを巡回するときに最初にアクセスするファイルです。

ファイル内に「巡回しない」命令を書いておけばGooglebotなどは巡回しなくなります。

インデックスされないときはrobots.txtの中身も確認しましょう。

以下のような記述があると巡回されなくなります。

User-agent: Googlebot
Disallow: /

インデックスされやすくするための対策

多くのページを毎日アップしているようなサイトでは、都度Search Consoleでインデックス登録リクエストするのは大変でしょう。

ここでは、インデックスされやすくするための対策を箇条書きでまとめました。

  • sitemapをGoogleに登録する
  • RSSフィードを利用する
  • WebSubを利用して通知する
  • SNSで記事をシェアする

インデックス登録済みで検索結果に表示されない時の対策

Search Consoleを見るとインデックス登録済なのに検索結果に表示されない場合があります。

そんな時の対処方法について解説します。

重複キーワードの可能性あり、記事をリライトする

キーワードが重複している場合は意図しない記事が検索結果に表示され、表示したい記事が表示されない場合があります。

重複をあえてする人はいないと思いますので、意図せず重複してしまっている場合がほとんどです。

『表示されない記事』、『意図せず表示されている記事』の両方をリライトしてみましょう。

『表示されない記事』で狙っているキーワードを『意図せず表示されている記事』から削除してみると上手くいくことがあります※。

※削除することで『意図せず表示されている記事』の評価が変動する可能性があります。そのあたりは塾考した上、自己責任でお願い致します。

記事の質が低い可能性があるため追記・リライトする

記事の質が低いため、Googleから低評価を受けている場合です。

狙っているキーワードで検索して、該当ページが表示されない場合はコンテンツの追記・リライトを実施しましょう。

ペナルティを受けている

過去にGoogleからペナルティを受けていた中古ドメイン(以前誰かが利用していたドメイン)でサイト運営している場合は注意が必要です。

まだGoogleからペナルティを受けている状態かもしれません。ペナルティを受けていそうなサイトか、過去どんなサイトであったかの調査は可能です。

例: http://archve.orgなどで調査可能です。

ただし、自社ホームページやメインサイトは新規ドメインで運営するようにしましょう。

インデックス登録したばかりである

インデックス登録したばかりの時は、まだキーワードに対しての判定・評価があいまいで順位がついていない可能性があります。

新規のページは1ヶ月ほど様子見してみましょう。

強力な競合サイトが多い

強力な競合サイトが多い場合、激戦区のカテゴリーは検索結果に表示されないことがあります。

例えば『転職・就職関係』『美容・エステ関係』などです。

「転職の中でもITに絞る」など戦略を立ててサイト設計する必要があります。

インデックスさせないときに実施すること

インデックスさせないときには『robots.txt』か『.htaccess』で制御します。

どちらもテキストエディタで記述可能なファイルです。

robots.txtがGooglebotなどの巡回システムを制御するためのファイルであるのに対して、.htaccessはユーザーのアクセスも制御できます。

Googlebotの巡回を細かく指定したいときはrobots.txtが良いかと思います。

robots.txtでクロールを拒否する

robots.txtでGooglebotの巡回を拒否するときは以下のように記述します。

サイト全体の拒否

Disallowは『許可しない』という意味です。

Disallow: までは構文だと思ってください。その後に記載する値が重要です。

サイト全体を拒否する場合は「/(スラッシュ)」を記述します。 

User-agent: Googlebot
Disallow: /

一部のディレクトリを拒否

一部のディレクトリを拒否する場合はスラッシュの後にディレクトリ名を記述し、再度スラッシュを記述します。

User-agent: Googlebot
Disallow: /directory/

.htaccessでクロールを拒否する

SetEnvIf User-Agentの横に拒否する巡回システムを書きます。

Googleの場合はGooglebotです。

deny_naは『Googlebot』という値を入れる箱のような役割です。

orderは順序、Allowは許可、Denyは拒否です。

「全部許可して、Googlebotのみ拒否する」といった設定になります。

SetEnvIf User-Agent "Googlebot" deny_na
 
order Allow,Deny
Allow from all
Deny from env=deny_na