ワードプレスSEO対策済のテンプレート20選

ワードプレスはHTML、CSSなどの知識がない人でも気軽にブログサイトやホームページを作成できるのが良いところです。

見た目を一新できるテンプレート「テーマ」も沢山あり、それらを活用することで、理想のサイトに近づけることができます。

サイトを作る目的は人によって様々ですが、全ての人に共通しているのは「多くの人に見てほしい」という想いは誰しもが持っていると思います。そして、より多くの人に見てもらうための施策がSEO対策です。

この記事では、既にSEO対策済みのテーマを20件ほど紹介します。これからのテーマ選定に役立てていただけたら幸いです。

スポンサーリンク

そもそもテーマでSEO対策済みとは?

SEO:Search Engine Optimizationとは「検索エンジン最適化」のことです。

インターネットの検索結果で、より多く上位表示されるようにするための設定を意味します。

「SEO対策済みテーマ」とは、通常ホームページやブログサイトを一から作成する際に、自身で設定していかなければならないSEO対策を予め実施してくれているテーマのことです。

サイト自体のSEO対策が予め施されていることで、コンテンツ作成に集中することができます。

内部SEO対策に関して押さえておきたい項目は以下の通りです。

  • タイトルが<h1><title>タグに反映すること
  • レスポンシブデザインであること
  • パン屑リストがあること
  • ページネーションが数字で出ること
  • HTML5に準拠していること

タイトルが<h1><title>タグに反映すること

ユーザーや検索エンジンにコンテンツの内容、構成を正しく伝えるために必要不可欠な設定です。ブログ記事などコンテンツを作成する場合、タイトル、見出し、文章などで、1つの記事を構成していきます。

この記事を検索エンジンに対して「記事の目的、意味」を的確に理解させるためにはHTMLの「タグ」を使って認識させる必要があります。<h1>タグ、<title>タグには、そのページの中で最も大事なテーマとして検索エンジンに認識されるために用います。

今回、紹介するテーマは初期設定で自動的にタグが反映されるようになっているテーマを紹介しています。

レスポンシブデザインであること

レスポンシブデザインとはスマートフォンやタブレットなどでサイトを表示させて時に、最適なサイズでサイトを表示させるデザインのことです。

昨今、スマートフォンユーザーのサイト訪問率は伸び続けています。そんな中、レスポンシブデザインに対応していないサイトだと、スマホで表示させた時にとても見づらいサイトになってしまいます。

レスポンシブデザインを自分で設定するにはHTML、CSS、PHPの知識が必要になり、初心者にはやや困難です。ただし、これからサイトを構築していく上ではレスポンシブデザインは必須です。

こちらもはじめから実装されているテーマを選択することで、難しいスキルを身につけることなくコンテンツを作成できます。

パン屑リストがあること

パン屑リストとはユーザーがサイト上の現在地を確認できるよう、ナビゲーションする機能です。

膨大なコンテンツを持つサイトの場合、どこを経由して今ここにいるのかを明確にすることでSEOの視点から見ても検索エンジンが「どのようなコンテンツなのか」を判断しやすくなるというメリットがあります。

こちらは、テーマでなくパン屑リスト機能を備えたプラグインでも対応可能です。テーマに無い場合はプラグインで対応しましょう。

ページネーションが数字で出ること

ページネーションとは複数ページからなるコンテンツや、ブログサイトの過去記事を見る時に用いる機能です。

通常のブログサイトだと「前へ」「次へ」などが一般的ですが、この表示を「前へ,1,2,3,4,5・・・次へ」と数字で表示させることでSEO的に優位になります。

その理由は検索クローラーがサイトを巡回する際に「前へ」「次へ」とリンクが2つよりも数字で複数のリンクがある方が巡回頻度が上がりやすいからです。

ユーザー視点で見た場合も2つのリンクよりも複数のリンクがあった方が閲覧頻度は上がります。

HTML5に準拠している

HTML5は従来のHTML4に比べて非常にシンプルな表記になりました。

HTML4では、基本的に<div>タグで囲み、ヘッダー、コンテンツ、フッターなどを認識させていましたが、HTML5では「ヘッダー=<header>」「フッター=<footer>」「セクション=<section>」「記事=<article>」「ナビゲーション=<nav>」というように、より明確に、シンプルになりました。

これにより検索エンジンに対して「ここは〇〇です」と宣言することができます。

一般的にHTML4とHTML5で検索順位が変わることはないとされていますが、複雑になりすぎたサイト構造よりもシンプルな構造になっていた方が分かりやすいですしメンテナンスの視点から見てもメリットがあります。

上記の重要なポイントを押さえてくれているWordPressのテーマを無料、有料共に10個づつご紹介します。

無料 ワードプレスSEO対策済のテンプレート10選

STINGER

http://wp-fun.com/

stinger

無料で内部SEO対策済みのテーマで有名なSTINGER。シンプルなテーマの中にはSEOに有利に働く仕組みが沢山詰まっています。

また、沢山のユーザーが使用しており、カスタマイズ方法などもネット上にアップされているところも魅力です。

Xeory Extension

https://xeory.jp/template/xeory-extension/

xeory-extension

コンテンツマーケティング、SEOなどの情報を日々、紹介しているバズ部さんが作成した無料テーマです。

企業サイトやコンテンツマーケティングに適したXeory Extension。SNS、アナリティクス、metaj情報をWordPressの管理画面から設定できたり、カラムのパターンが選択できるのもメリットです。

Xeory Base

https://xeory.jp/template/xeory-base/

xeory-base

こちらもバズ部さんが作成した無料テーマです。Xeory Baseはブログ型に特化したテーマになっており、シンプルで作りで初心者の方にも最適です。

内部SEO対策はXeory Extensionと同じく、しっかりと実装されており、WordPress管理画面から簡単に設定を変更できるのも魅力です。

Simplicity

https://wp-simplicity.com/

simplicity

Simplicityはカスタマイズのしやすさ、4つのサイズのレスポンシブデザインの採用など内部SEOに強い使用になっているテーマです。

SNSの簡単に拡散できるボタンが標準で実装されているのも魅力的。デフォルトではシンプルな構造になっておりますが、カスタマイズすることでオリジナルなサイトが構築可能です。

マテリアル

http://wp-material.net/

material

古い記事が埋もれがちなブログサイト。無料テーマのマテリアルはトップページ、やコンテンツ下にカテゴリーごとに記事を表示させる機能が標準で付いています。

LINE@のフォローボタンも付いているので、効果的に記事を露出したい初心者の方にオススメです。

Gush

http://wp-gush.com/gush2/

gush

「カスタマイズ前提」と宣言されている無料のテーマ。表示速度の速さやカスタマイズがやりやすい構造になっているのが特徴です。

ネット上にはカスタマイズ例や、説明書が沢山あるので、初心者でも比較的簡単にカスタムできます。

内部SEO対策もバッチリです。

WSC

https://www.studiobrain.net/12096

wsc

WordPressで集客に強いブログ型ホームページを作成している「STUDIO BRAIN」が配布している無料テーマです。

様々な企業をサポートしてきたノウハウがテーマに詰まっています。

パン屑リストやページネーションなどの機能がプラグインとしてデフォルトで組み込まれていますので、テーマインストール後、プラグインを有効化するだけでSEOに強い仕様にすることができます。

Hueman

http://presscustomizr.com/hueman/

hueman

フランスに拠点を置くスタートアップ会社が配布する無料テーマです。

最先端の機能を詰め込んであり、HTML、CSSの知識がなくても管理画面から様々なカスタマイズが可能です。

魅力はデフォルトでもかなりおしゃれなところ。企業、学校、教会なども採用しているテーマということで様々なスタイルにフィットさせることができるテーマです。

Access Press Basic

http://demo.accesspressthemes.com/accesspress-basic/

access-press-basic

こちらも海外サイトの配布している無料テーマ。

モバイルフレンドリーで動きも軽快です。電話番号をクリックすると、すぐにかけられる機能も嬉しいです。

Woo Commerceと互換性があるので、個人や中小企業のオンラインショッピングサイトにもオススメです。

Winple Lite

https://wordpress.org/themes/wimpie-lite/

winple-lite

Winple liteは非常に美しい無料テーマです。海外の企業が配布しているテーマですが、沢山のユーザーに活用されています。

内部SEO対策の基本設定は既に実装されておりますが、より高機能な有料版もあります。

WordPress上でも評価の高いテーマです。

有料 ワードプレスSEO対策済のテンプレート10選

AFFINGER 4 PRO

稼ぐサイトの設計図-AFFINGER4

affinger-4-pro

価格:8,000円(2017年5月現在)

無料テーマであるSTINGERの進化系にあたるAFFINGER 4 PRO。SEOに強く、カスタマイズも管理画面から簡単に行うことができます。

ユーザーフレンドリーな仕様になっているため、アフィリエイト目的だけではなくショップ、企業にもオススメできるテーマです。

COLORS

https://digipress.digi-state.com/colors/?wpam_id=96%27%20title=%27DigiPress%20COLORS

colors

価格:1ライセンス 6,280円(2017年5月現在)

頻繁にアップデートが行われるCOLORS。SEO対策はもちろんですが「どんなカラーバリエーションにもできる色とりどりのグローバルメニュー」というキャッチコピーの通り、カスタマイズ度は幅広いです。

SSL環境に対応しているので会員サイトにも活用できます。

ORION(TCD)

ORION

orion

価格:12,980円(2017年5月現在)

洗練されたデザインが特徴的なORION。トップページに動画を設置できるのも魅力的です。「こんなサイトにしたい」というイメージをほとんど全て実現することができます。

記事作成の際に便利なオリジナルタグが付いているのも嬉しいです。デザインを重視してサイト自体の価値を上げたいと思う方にオススメです。

MAG.(TCD)

http://design-plus1.com/tcd-w/tcd036

mag

価格:10,980円(2017年5月現在)

ORION(TCD)と同じ会社が作成するブログサイト向けの有料テーマMAG.。シンプルながら、綺麗で見やすいレイアウトが好感を持てます。

細部まで拘りを感じるデザインながらサイト自体が重くなりにくい設計になっています。カラム数の変更、広告管理機能などブログで稼ぎたい方には嬉しい機能が沢山あるのも特徴です。

New Standard

http://newstd.net/

new-standard

価格:18,900円(2017年5月現在)

集客ブログテーマとして人気のNew Standard。シンプルかつ見やすい外観が魅力です。

ブログサイトとして仕様するのはもちろんですが、無料ECサイト「BASE」との連帯機能もあり、カートボタンも簡単に作れるのでオンラインショッピングサイトにも最適。導入に関して心配な方には追加料金でサポートしてくれるサービスもあります。

賢威

https://www.seo-keni.jp/

keni

価格:24,800円

様々なキーワードで検索順位1位を獲得している有料テーマの賢威。圧倒的なSEO対策と10年以上も支持され続けているということで信頼性も高いです。

賢威を購入した人のみが閲覧できる「賢威フォーラム」には5万5千件を超えるアーカイブが蓄積されているというのも魅力です。

新しいバージョンが無料でアップデートできるのもメリットです。

HUMMING BIRD

https://open-cage.com/hummingbird/

humming-bird

価格:7,980円(2017年5月現在)

小粋なアニメーション動作がおしゃれなテーマHUMMING BIRD。各ボタンやスクロール時にユーザーがつい触ってしまいたくなるようなアニメーションが豊富に揃っているのが特徴的です。

スマホ最適化のモバイルファースト設計なのもポイントです。

HUMMING BIRD独自の動作感覚はサイト閲覧率にも好影響を与えそうです。

DIVER

https://tan-taka.com/diver/?site=infotop

diver

価格:17,980円(2017年5月現在)

記事のAMP化、レイアウトバリエーションの豊富さなどが魅力的なDIVER。作成依頼のあった企業に向けてサイトを作っていたノウハウを集結させてできたテーマです。

常に最新のSEO対策がなされている点も嬉しいポイントですが、分からないことを無期限で聞けるサポートや、原則永久的に利用できる無料アップデートもあったりとユーザーにとって嬉しいサービスが沢山あります。

STORK

https://open-cage.com/stork/

stork

価格:10,800円(2017年5月現在)

ブログマーケッターJUNICHI監修のもとOPENCAGEが開発した有料テーマSTORK。スマホ利用者を強く意識し、「究極のモバイルファースト」と豪語するだけあり、スマートフォンでサイトを閲覧した時の「見づらい」などのストレスが少ないテーマになってます。

読者にとって重要な「読みやすさ」で選びたい方にオススメです。

weluka

https://www.weluka.me/

weluka

価格:39,800円

今回、紹介している有料テーマの中では1番高額なweluka。しかし、ただ高額なわけではありません。welukaはプログラミングの知識が全くなくてもサイトを複雑にデザインすることができてしまいます。

ドラッグ&ドロップでレイアウトの変更も記事の作成も完了してしまう所が最大のポイントです。ほとんど知識はないが、すぐに見た目に拘ったサイトを構築したい人にオススメです。

まとめ

内部SEO対策が施されたテーマは沢山あります。無料でシンプルな構造のテーマから有料で機能豊富なテーマまで様々です。

「何を選択すれば良いのか分からない」という方は、まず「自分がどんなサイトを作りたいのか」を明確にイメージすることをオススメします。

これはSEOの視点から見ても言えることですが、ブログもコンテンツ販売もオンラインショッピングもギャラリーもと、ずべてのコンテンツを1つのサイトに集結させてしまうと「ここは何のサイトなの?」となりやすいです。

誰が見ても「このサイトは〇〇についてのサイトなんだな」と理解できるようにしたいところです。

目的に合わせたテーマを選択すること、そして何よりも見ている人にとってメリットのあるコンテンツを増やすことが大切です。充実したコンテンツにSEO対策済みのテーマを使うことでアクセスアップに繋がっていきます。

是非、ご自身のサイトに最適なテーマを選んで、実際にインストールしてみてください。

スポンサーリンク