ワードプレスでパスワードをかけて認証制サイトにするプラグイン

認証イメージ 鍵

ワードプレスで作ったサイトにパスワードをかけて他者に見られないようにする方法を紹介します。

テスト用のサイトで他の方や検索エンジンに見られたくない場合や特定の人にしか閲覧できないサイトにしたい時などに便利なパスワードですが、ワードプレスでは数種類のパスワードの設定方法が利用できます。

サイト全体をロックしたり、ページ単位でパスワードを設定することも可能です。

会員制サイトやメルマガ読者限定のページを作る時などに活用できるパスワード。

知識のない方でも簡単にパスワードを設定できる便利なプラグインを使った方法を紹介します。

是非、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

サイトにパスワードをかける方法

BASIC認証を使う

世界中で沢山のユーザーが利用しているワードプレスは日々、悪質なハッカーやプログラムなどの危険にさらされています。

大切なサイトのログイン情報などを抜き取られてしまうと面倒なトラブルに繋がり、不具合の原因になることもあります。

そんなトラブルを防ぐ手立てとして一番シンプルな対策がBASIC認証です。

BASIC認証とは、ワードプレスのログイン画面にアクセスした際にエラーコードが表示され利用者がサーバー側で設定したユーザー名とパスワードを入力しないとログインできないようにする仕組みのことです。

悪質なプログラムがIPアドレスなどを変えて何度もログインしようとしてもサーバー側で設定した情報を入力しなければいけないので、より安全性の高いサイトにできます。

また検索エンジンのクローラーなどがサイトを巡回した際にもエラーページが表示されるので、テストサイトなど検索エンジンに認識されたくない場合にも活用することができます。

もっともシンプルなパスワードの設定です。

「パスワードの保護」機能を使う

記事毎に個別でパスワードを設定したい時はワードプレスの投稿画面「公開状態」にある「パスワード保護」が便利です。

パスワード保護をクリック

記事を公開する際に「公開状態」を「パスワード保護」に設定しします。
パスワードを入力して「OK」をクリックして記事を公開します。

パスワードを入力

記事にアクセスするとパスワードの入力を求められます。
ここに先ほど設定したパスワードを入力するとコンテンツが正常に表示されるようになります。

この方法を使うことによって特定のユーザーのみ閲覧できるページを作成することができます。
ちょっとした会員限定の特典ページなどに活用できますね。
ただし、分かりやすいパスワードは見破られてしまうので、なるべく複雑な文字列にしましょう。

プラグインを使う

プログラミングの知識のない方がBASIC認証を設定しようとしても分かりにくいと思います。
専門スキルがないと想定外の不具合が起きた時などに対応できず焦ってしまうことも多いです。

でもワードプレスなら安心です。

知識のない方でもマニュアル通りに設定するだけで簡単にパスワードをかけることができる便利なプラグインが沢山アップされています。

本来複雑な設定をしなければならないようなこともプラグインを活用すれば短時間でセットアップ可能です。

以下の章では、使用しているユーザーも多いおすすめのプラグインを紹介します。

Password Protected

Password Protected

Password Protectedはサイト全体に簡単にパスワードを設定できる便利なプラグインです。

テストサイトや他者に見られたくない場合に有効なプラグインで、手動でBASIC認証する手間も省けるのでプログラミングの知識のある方にもおすすめです。

仕組みは非常にシンプルで、サイトにアクセスした際にワードプレスのログイン画面ではなく、プラグインのログイン画面が表示されます。

プラグイン側で設定したパスワードを入力しないとワードプレスにアクセスできないようになるので活用してみてください。

プラグインのインストールは管理画面より「プラグイン」→「新規追加」で「Password Protected」と検索しましょう。

プラグインが表示されたら「今すぐインストール」をクリックします。
インストールが完了したら「有効化」もしておいてください。

インストールが完了したら管理画面より「設定」→「パスワード保護」の順に進んでプラグインの設定画面を表示します。

今すぐインストール

「パスワード保護の設定」が表示されました。

上から順に設定項目を見ていきましょう。

 パスワード保護状況:「有効」にチェックを入れることでパスワード認証が有効になります。

 許可する権限:「管理者を許可する」「ログインしたユーザーを許可する」「RSSフィードを許可する」のいづれかにチェックを入れると、その条件にあったアクセスはパスワードの入力をすることなくサイトを表示できるようになります。

サイトの管理者のみパスワードの入力を省略できるようにしておくと便利です。

 新しいパスワード:パスワードを入力します。確認用と合わせて2回入力します。
こちらのプラグインを使っていく上で新しいパスワードを設定したい場合も、こちらに入力しなおすことで再設定できます。

 許可するIPアドレス:ここに入力したIPアドレスのみパスワードを入力しなくてもアクセスできるようになります。
入力スペースの下には現在のあなたのIPアドレスが表示されています。

 caching:キャッシュの設定をする項目です。
キャッシュプラグインを使用している場合やサーバーサイドでキャッシュを使用している場合にログイン画面で不具合が起こる場合があります。
パスワードで保護されたクッキーのキャッシュを無効に設定する際に「Cookies」に表示されているコードを使います。

重要な設定は「パスワードの保護状況」と「新しいパスワード」のみです。
パスワードの設定を有効にしてパスワードを入力したら「変更を保存」をクリックして完了です。

変更を保存

設定が完了したら試しにサイトにアクセスしてみてください。
以下のようなパスワード入力画面が表示されたら正常にプラグインが動作しています。

パスワードを入力して「ログイン」をクリックします。

ログイン画面

サイトが表示されました。
これで設定は完了です。

Webサイト表示

WP BASIC Auth

WP BASIC Auth

WP BASIC Authはプログラミングの知識が無くてもBASIC認証が簡単に設定できる便利なプラグインです。

プラグインを有効化するだけでBASIC認証ができるのが最大の特徴で、面倒な.htaccessファイルの編集などを直接することなくアクセス制限をかけることができます。

こちらのプラグインの場合はテストサイトなど自分以外の人間にサイトを見られたくない方に最適なプラグインとなっています。

会員制サイトなど不特定多数のユーザーがアクセスできるようにしたい場合は、上で紹介したPassword Protectedがおすすめです。

使い方はプラグインをインストールして有効化するだけ。

有効化

プラグインの設定画面などはなく、有効化した時点でBASIC認証の設定が完了します。

尚、ワードプレスの管理画面にログインしている間はBASIC認証のアクセス制限はかかりません。
試しに一度ログアウトしてサイトにアクセスしてみました。

するとBASIC認証の画面が表示されました。
ここにユーザー名とパスワードを入力して「ログイン」をクリックすることでアクセス制限が解除されます。

※BASIC認証に使われるユーザー名とパスワードはワードプレス側で管理者として登録したユーザー名とパスワードになります。

認証入力画面

BASIC認証を解除したい場合はプラグインを停止するか、アンインストールすることでアクセス制限を解除できます。

これで設定は完了です。

まとめ

サイトにパスワードをかけてアクセスを制限できる便利なプラグインを紹介しました。

プログラミングの知識がなくても簡単にアクセス制限をかけられるプラグインを活用することによって会員制のサイトを作ったり、特定のユーザーしか閲覧できないページにしたりすることができます。

制作途中のサイトや誰にも見られたくないテストサイトなどにも活用できます。

悪質なプログラムからの攻撃も何かと多いワードプレスに簡単に設定できるプラグインなので、是非活用してみてください!

スポンサーリンク