WordPress・SEOの情報発信サイト

コンテンツSEOに必須なツール7選|まずはGoogleのツールから

コンテンツSEO ツール

コンテンツSEOはSEO施策やライティング後のチェック・評価がキモになります。

「これは上手くいった」

「このコンテンツは修正する必要がある」

などを判断する必要があるということですね。

ただ、上手くいったかどうかを判断するための元ネタが必要です。

今回はチェックの『元ネタを提供してくれるツール』、『コンテンツSEOに便利なツール』の観点でコンテンツSEO用のツールを紹介したいと思います。

中でもGoogleが提供するツールは基本的に無料で利用できます。且つ高機能です。

初心者の方は、まずは今回お伝えするGoogleのツールを利用してみましょう。

Google Analytics(アナリティクス)

Google Analytics(アナリティクス)

google analytics

グーグル・アナリティクスは、グーグルが提供しているアクセス解析のためのツールです。

基本的にすべて無料で使える上に、自分が運営しているWEBサイトを訪問したユーザーについての情報を知るためのツールとしては最高の機能を持っているとも言えるので、今やサイト運営およびコンテンツSEOには必須となっています。

グーグル・アナリティクスを使って計測できる主なことには、大きく分けて2つあります。

1つはユーザーの行動に関することです。

  • サイトに何人が訪れたのか
  • どのような経路でサイトに来たのか
  • サイト内でどう動いたのか
  • サイト内のどのページが人気があるのか

などが計測できます。

もう1つはユーザーの属性に関することです。

  • 使っているデバイスはパソコンかスマートフォンか
  • OSはウィンドウズかマックOSかiOSかアンドロイドか
  • アクセス元は日本か他の国か

などが計測できます。

このように、自分の運営するWEBサイトがどのように使われているのか、どのようなユーザーが訪れているのか、サイト内で人気のあるページはどこか、などを知ることができます。

それらの計測データをヒントに、WEBサイトの問題点を解決する、長所をさらに伸ばす、などの施策を立案し実行することができます。

グーグル・アナリティクスを使うための設定は難しくありません。

グーグルのアカウントを作成した後に、グーグル・アナリティクスのアカウントを作成します。

すると発行されるトラッキングコードというタグを、自分のWEBサイトのすべてのページに設置するだけです。

あとは自動的に計測してくれます。

ワードプレスなどのCMSと呼ばれるコンテンツ管理ツールならば、自動的に全ページにトラッキングコードを設置できる機能もあります。

簡単に導入することができます。何はなくともまず初めに導入すべきコンテンツSEOツールです。

Google Search Console(サーチコンソール)

Google Search Console(サーチコンソール)

google search console

グーグル・サーチコンソールは、グーグル・アナリティクスと併せて使うことによってさらに高度な解析が可能となるコンテンツSEOツールです。

グーグル・アナリティクスと同じく無料で使えます。

グーグル・サーチコンソールでは、ユーザーの情報ではなく、自分が運営するWEBサイトが、グーグルにどのように評価され、どのようにユーザーに紹介されているかを知ることができます。

グーグル・サーチコンソールで計測できるのは、自分の運営するWEBサイトがグーグルにどのように扱われているかです。

計測できる主な情報を箇条書きでまとめておきます。

  • Google検索エンジンからの流入数
  • WEBサイトが何番目に表示されるのか
  • どのようなキーワードで検索されているのか
  • 被リンク数
  • 内部リンク数

検索キーワードごとに自分のWEBサイトが何番目に表示されているかが分かります。

なので、〇〇というキーワードは自然検索からの流入が見込めるので、XXというキーワードは広告を利用しよう。などといった施策を考えることができます。

検索順位が低いキーワードも認識することができます。「コンテンツを追加することで強化しよう」といった施策も可能です。

ユーザーにとって自分のWEBサイトがどのように認識されているかを推し量れます。その特徴を活かしたコンテンツ作りができます。

また、もともと想定していなかったキーワードからの流入が多いことが分かれば、さらにその方向のコンテンツを強化することも可能です。

WEBサイトの幅を広げて新たなユーザー層を取り込むヒントにもなります。

グーグル・サーチコンソールは、グーグル・アナリティクスと比べると少しだけ設定と設置が面倒ではあります。ただ、基本的にはアカウントの設定とWEBサイトへのタグの埋め込みだけで使用できます。

無料かつコンテンツSEOには非常に役立ちますので、ぜひ使いこなすべきツールの1つです。

Google キーワードプランナー

Google キーワードプランナー

google keyword planner

グーグル・キーワードプランナーもグーグルが提供しているツールです。

どのようなキーワードが何回くらいグーグルで検索されているかを知ることができるので、コンテンツSEOに非常に役立ちます。

グーグル・キーワードプランナーはグーグル全体でのユーザーの検索傾向を知ることができます。

グーグル・キーワードプランナーを使ってわかることは主に2つです。

  • あるキーワードが何回くらい検索されているか
  • あるキーワードと一緒に検索されることの多いワードは何か

まず、あるキーワードがどれくらいグーグルで検索されているかを調べることができます。

複数のキーワードの組み合わせでも調べることができます。例えば「東京オリンピック 種目」という複合キーワードと、「東京オリンピック 会場」という複合キーワードのそれぞれの検索回数がわかります。

コンテンツSEOの施策において、多くの人が検索しているキーワードに関するページを作成するのは重要です。

どのようなページを作っていけば良いのかを決める手がかりになります。

あるキーワードと共に検索されることの多いワードも調べることができます。

「東京オリンピック」であれば、「種目」「会場」「チケット」「いつ」など、一緒に検索されるであろうワードそれぞれの検索回数がわかります。

どのようなことを知りたいユーザーが多いのかを知ることができるわけです。これもコンテンツSEOの施策づくりに大いに役立ちます。

ただ、グーグル・キーワードプランナーは無料で使用できるのですが、グーグル広告でお金を使っているアカウントでなければ使えない機能がたくさんあります。

そのため完全無料と言えるかは微妙なところです。

とはいえ、広告出稿用のアカウントに入金したことがあればよく、常に広告を出稿し続けなくとも問題ないので、大きな負担にはなりません。

グーグル全体での検索傾向がわかりますので、まずは無料で使ってみることをお勧めします。

Clicktale(クリックテール)

Clicktale(クリックテール)

clicktail

クリックテールはイスラエルのクリックテール社が提供している、いわゆるヒートマップ・ツールです。

ヒートマップとは、ユーザーが自分の運営するWEBサイトでどのような動作をしているかを記録・計測するためのツールです。

グーグル・アナリティクスもページごとの訪問者数などはわかりますが、ヒートマップツールではさらに詳しく調査することができます。

ユーザーがページのどこまで読み進んだか、いつブラウザを閉じたか、どのようにマウスを動かしかまでを知ることができます。

クリックテールを使えば、自分のWEBサイト内でのユーザーの動きを調べられます。

長い文章を掲載しているページであれば、どこまで読まれたか、どこで離脱したかがわかります。

離脱した人の多い部分に理解しにくい文章はなかったか、長過ぎて飽きられているのではないか、といったことを推測できます。

マウスの動きも記録できるので、ページ内のどこをクリックされたかもわかります。

あるページの離脱率が非常に高い場合、もしかしたら次のページへ行くボタンが見つけにくいデザインになっているのかもしれません。

ボタン以外でクリックされている箇所も可視化されるので、ユーザーがどこで勘違いして離脱しているかが見えることもあります。

ボタンと同様にお申し込み情報を入力して送信してもらうと場面でも、どこで離脱しているのかを詳しく見ることができます。

必須入力項目がわかりにくい、さらにエラーメッセージが見えにくい場所に表示されるなど、実際にユーザーにどう見えているのかを検証することができます。

コンテンツSEOを実施する上で、せっかくWEBサイトに来てもらってもユーザーが思うようにWEBサイトを使えなければ意味がありません。

クリックテールの機能によって、ユーザーにとってより使いやすいサイトに改善することができるのです。

クリックテールは解析するWEBサイトへのアクセスの数量などによって利用料金が決まります。

23980円から利用できますので、最初は最低限のプランで一部のユーザーの動作のみを解析してヒントを得ることも可能です。

SimilarWeb(シミラーウェブ)

SimilarWeb(シミラーウェブ)

similarweb

シミラーウェブもクリックテールと同様にイスラエルの企業が開発・提供しているツールです。

こちらは競合サイトをリサーチすることができます。

自分の運営するWEBサイト以外のグーグル・アナリティクスを覗き見することができるようなツールです。

本来アクセス解析は自分が計測タグを埋め込まなければ見られません。

しかし、シミラーウェブは、独自の調査方法で各WEBサイトのアクセス数などの推測値を収集・蓄積して、利用者に提供しているのです。

なので、シミラーウェブでわかることはグーグル・アナリティクスとグーグル・サーチコンソールで見られる内容に似ています。

シミラーウェブは調査したい対象WEBサイトのアクセス解析ができます。

  • サイトのアクセス数
  • 検索キーワード
  • どのサイトを経由でのアクセスが多いのか
  • サイト内の人気ページ

などを調査することが可能です。

これらによって、そのWEBサイトがどの程度の集客力を持っているのかが推測できます。

調べたいWEBサイトにアクセスしているユーザーの概要もわかります。アクセスしてきている地域、使用している言語やOSなどです。

自分の運営するWEBサイトに比べてアクセス数が多いのか少ないのか、力を入れているページの内容は、ユーザー層はどの程度重なっているのか、などといったことが推測できます。

調査した情報を元に、自分のWEBサイトの運営方針を考えたりすることが可能になります。注力する分野やユーザーのセグメントを決めたりといった施策を練ることもできます。

シミラーウェブは利用料金を明らかにしていません。

使いたい機能の範囲やアクセス量などによって料金が決まるので、まず問い合わせて使用内容について相談する必要があります。

最低料金でも月5万円以上、最大では30万円を超えることもあるようです。

ただし、シミラーウェブには無料版もあります。

もちろん使用できる機能には制限がありますが、どのようなことがわかるのか体験できます。

まずは無料版を使って自分のサイトと競合サイトを調べ、その有効性やさらに知りたいことがあるかを検討してみましょう。

Ahrefs(エイチレフス)

Ahrefs(エイチレフス)

ahrefs

エイチレフスは、ウクライナとシンガポールを拠点とする企業が開発・提供しているツールです。

シミラーウェブと同じく、競合サイトを調べるためのツールですが、特にそのWEBサイトにどのような経路でユーザーが訪れているかを詳細に見られることが特徴です。

エイチレフスの特徴的な機能は、競合サイトが得ている被リンク※の詳細がわかることと、出稿している有料検索広告の内容がわかることです。

※他サイトで自サイトのURLが貼られること

被リンクは他サイトが自主的にリンクを設置したものなので、他サイトから評価されているものと理解されます。

被リンクを集めることはコンテンツSEOにおいて重要です。

グーグルも被リンクの数や質を調査してサイトの評価を行い、検索順位を決めるのにも重視していると言われています。

競合サイトがどのようなジャンルのサイトから被リンクを集めているか調査することで、その規模や強み、あるいは手薄な部分を推測して施策を練ることができます。

エイチレフスのもう一つの特徴が、競合サイトがどのようなキーワードで有料広告を出稿しているかを調べられることです。

コンテンツSEOはキーワードごとに検索順位を上げて集客することを目的の一つとしていますが、それを補うのが有料での広告出稿です。

検索順位が上がらなくても、広告を使えば検索結果の上に自分のサイトを表示させることができるからです。

エイチレフスを使えば、競合サイトが有料広告を使ってでも重視したがっているキーワードも調べられます。

またエイチレフスでは、WEBサイトが検索順位上位で表示される検索キーワードの数と種類も調べられます。

そのWEBサイトの規模感と得意分野とも言えるでしょう。

これらの機能を使って、競合サイトの強みと弱みを分析し、その強みの部分で戦うのか、弱みの部分を攻めてシェアを獲得するのか、といった方針を考えることができます。

エイチレフスの利用料金は計測するキーワードの数などによって異なります。

最も安いライトプランは月額約1万円、スタンダードプランが約2万円ほどです。

どちらも7日間の試用期間は1000円弱(7ドル)で使えるので、一度その期間に集中して調べてみるのもいいでしょう。

Googleスプレッドシート

Googleスプレッドシート

google スプレッドシート

グーグル・スプレッドシートは、コンテンツSEOのための直接的なツールというわけではありません。

いわばオンラインで使用できるマイクロソフト・オフィスのエクセルのようなツールです。

元々は表計算ツールですが、エクセルと同じく、コンテンツ制作のための進捗管理表や、検索順位の推移を記録する管理表を作成するのに広く使われています。

グーグル・スプレッドシートは、グーグルのアカウントがあれば無料で使えます。

新しいスプレッドシートを作成した上で、他のメンバーのGメールに招待メールを送信すれば、すぐに共有することができます。

データはクラウド上に保存されるので、オンラインで共有することも可能です。

共有する誰かが内容を更新すればリアルタイムで同期できるので、管理するために非常に便利なツールです。

まとめ

今回紹介したツールは、基本的に無料で利用できます(無料の場合、期間制限や利用制限があるツールも一部ありますが)。

使い方を覚えるまでにちょっと時間がかかるツールもありますが、使いこなせると仕事のパフォーマンスもあがります。

数値的な根拠をもってSEO対策ができるようにもなりますので、まずはぜひ使ってみてください。