WordPress・SEOの情報発信サイト

コンテンツ重複はSEOに悪影響|注意点・対策を解説

seo duplicate

そもそも重複コンテンツとは?

重複コンテンツについて、Googleは次のように定義しています。

一般に、重複するコンテンツとは、ドメイン内または複数ドメインにまたがって存在する、他のコンテンツと完全に同じであるか非常によく似たコンテンツのブロックを指します。多くの場合、偽装を意図したものではありません。悪意のない重複コンテンツの例には、以下のものがあります。

  • 通常ページとモバイル デバイス用の簡易ページの両方を生成するディスカッション フォーラム
  • 複数の異なる URL で表示またはリンクされる商品
  • ウェブページの印刷用バージョン

出典:重複コンテンツ – Search Console ヘルプ

重複コンテンツとは、ページのURLは違うものの「内容が同じ」と判定されるコンテンツのことです。

重複コンテンツには『意図した重複』と『意図しない重複』があります。

『意図しない重複』は気づかないうちにSEO的に不利な状況を作っていますので対策が必要です。

重複コンテンツを避けるべき理由

コンテンツが重複していると何が問題なのでしょうか。

結論から言うと、重複コンテンツは検索エンジンから低品質と判断されるコンテンツになりやすいです。

低品質なコンテンツがあると、評価を下げ、上位表示されにくくする仕組みに引っかかってしまう可能性があります。

SEOの考え、検索順位を上げてユーザーの流入を図る上では、絶対に避けるべきものです。

Googleはページの品質を判断するルールそのものは公開していませんが、ルールの土台となる考え方については公開しています。

その中には、重複コンテンツを評価していない(=低品質と判断している)と明らかに判断できる項目もあります。

  • サイト内に同一または類似のトピックについて、キーワードがわずかに異なるだけの類似の記事や完全に重複する記事が存在しないか?
  • 同じ検索結果で表示される他のページと比較して、はっきりした価値を持っているか?
  • コンテンツが外注などにより量産されている
  • 多くのサイトにコンテンツが分散されている

出典:Google ウェブマスター向け公式ブログ: 良質なサイトを作るためのアドバイス

この公式ブログからもGoogleは「重複コンテンツ=低品質」と考えているのが読み取れるかと思います。

さらに低品質なサイトは上位表示しないことを明言しているため、SEO上もコンテンツの重複は避けるべきなのです。

重複コンテンツがあるとSEO上どのような影響があるのか

重複コンテンツはアクセス減・サイトの評価減につながる

Googleが質の高いコンテンツかどうか判断する指標の1つとして「被リンク数※」があります。

※他サイトで自サイトのURLが貼られること。被リンク数は貼られているURLの数。

多くのライターやデザイナーはコンテンツを作成する中で、引用や参考になるページのURLを記載することがあります。

ライターやデザイナーからよく参考にされているページ(リンクが貼られているページ)は、他サイトから信頼されているという1つの目安になります。

この被リンクはSEO上でも重要な要素の1つです。

しかし、コンテンツは同じだけど以下のような異なるURLが4つあった場合は問題です。

http://example.com
https://example.com
http://www.example.com
https://www.example.com

あるライターはhttps://example.comでリンクを貼り、あるデザイナーはhttps://www.example.comでリンクを貼る。

被リンクが分散してしまうので勿体無いですね。

この場合の対処方法は301リダイレクトで『URLの正規化』をしてあげることで問題が解消します。

ペナルティを受ける可能性がある

盗用として通報があった場合や重複コンテンツの作成が故意であることが明らかな場合は、ペナルティを課されることがあります。

例えば、ページがインデックスされない、発信のコンテンツが評価されないといったことが起こり得ます。

お問い合わせや購入が無くなってしまう訳ですので、ペナルティを受けないように運営するのは必須と言えます。

意図せずたくさんの重複コンテンツを発生させてしまい、意図しないペナルティを受けてしまわないようにしましょう。

重複コンテンツをチェックするツール

重複コンテンツは『意図した重複』『あからさまなコピペ』以外は発見するのが難しいです。

ここでは、『意図しない』で発生してしまった重複コンテンツをチェックするツールをご紹介します。

Search Console(サーチコンソール)

サーチコンソールはGoogleが提供している無料解析ツールです。

Googleアカウントを取得すればどなたでも使用可能です。重複コンテンツを調べる機能として便利なのが、過去に検索エンジンが整理・記憶したページ数(インデックス数)の確認です。

インデックス数が急激に増えている場合、重複コンテンツがインデックスされていることが考えられます。

sujiko.jp

重複コンテンツ・ミラーサイト・類似ページ判定ツール | sujiko.jp

確認したいページのURLを入力するだけで、類似度を判定してくれる無料ツールです。

タイトル・本文・HTMLタグ・canonical指定といった要素から判定してくれます。

例:「ミツバチ 育て方」の検索結果1位・2位のページの類似度を調査

seo-dup1

結果

seo-dup2

sujiko.jp は、1日5回までの制限がついていますが、メールアドレス登録で回数無制限で利用可能です。

重複コンテンツを改善する方法

ここでは、重複コンテンツが疑われる場合の対処方法を紹介します。

該当ページを削除

重複コンテンツの対処方法として一番シンプルな方法です。

オリジナルを1つ残して、他の重複ページを全て削除します。

削除したページの中にもオリジナリティが高い部分があるかと思います。その場合は残したページに追加してあげると良いです。網羅性・オリジナリティが高くなりますので、SEO上よい効果が期待できるでしょう。

 301リダイレクト

 

301リダイレクトは『恒久的な転送』を行う処理です。

『URLが変わった』、『他のドメインに引っ越した』時などに利用します。URLを正規化する方法としてGoogleも推奨しています。

例えば、次のようなURLの違いは301リダイレクトで対処します。

  • wwwがあるかないかの違い
  • URL末尾に「index.拡張子」がつくかつかないかの違い
  • URL末尾に「/(スラッシュ)」があるかないかの違い など

Googleは別ページとして判定しますので、いずれかのURLに統合してあげる必要があります。URLの統合(正規化)には301リダイレクトでの設定がおすすめです。

盗用されていることをGoogleに通知

万が一、コンテンツの盗用が明らかなのであれば、やるべきことがいくつか考えられます。

Webサイト管理者に削除依頼する

故意に盗用している場合も考えられるため、Web管理者不明・通知しても対応してくれないといったリスクがあります。

GoogleにDMCA申請する

デジタルミレニアム著作権法(DMCA)に基づいたGoogleへの削除申請です。

申請が通るとGoogleの検索結果から削除されます。

著作権侵害による削除 | Google

アノテーション

コンテンツは一緒だけど、どうしてもページ(URL)が複数になってしまう場合があります。

例えば、『PC用ページ』と『スマホ用ページ』を用意している場合ですね。

PC用ページ: http://example.com/pc/
スマホ用ページ: http://example.com/sp/

このような場合にアノテーションします。

設定方法は簡単です。

PC用ページ、スマホ用ページの両方に以下のタグ、値を設定(書き込み)します。

# PC用ページ
<link rel=”alternate” media=”only screen and (max-width: 320px)” href=”http://example.com/sp/” />
# スマホ用ページ
<link rel=”canonical” href=”http://example.com/pc” />

記事を外注するときに注意したい重複コンテンツ

重複コンテンツを防止するには、コンテンツを作成する段階で気を付けるべきポイントがあります。

ライターに適正な報酬を支払う

SEOを目的にした記事の作成をプロのライターに外注するケースは珍しくありません。

ライターの多くはいくつかのサイトを参考にして記事を作成します。それにプラスして『個人のスキル』『経験』『書籍などでの調査』をもとにしたオリジナリティのある要素を付け加えていきます。

ただし、ライターは工数に見合った作業を行います。工数に報酬が見合わない無い場合は、その分だけクオリティが下がることを意識しておきましょう。

他サイトのコンテンツをそのままコピーして提出される可能性もあります。

『ライターの人間性』と『適正な報酬』に注意して外注しましょう。

クラウドソーシングを利用する場合は、実績をよく見て選定し、最初にテストライティングすると効果的です。

記事を外注する際に重複コンテンツを防止するポイント

重複コンテンツに関わらず、記事を外注する際のポイントをまとめておきます。

・記事執筆ルールや執筆時の注意事項をしっかり共有し、双方の認識にズレがないかを確認する
・依頼内容や報酬、万が一不利益をこうむってしまった場合の取り扱いなどについて定めた契約書を取り交わす
・文字数や必要工数に見合った報酬を支払う

誠実なライターは報酬や依頼内容と同じくらいクライアントとの信頼関係を大切にします。

ライターとの信頼関係が生まれると、重複コンテンツの防止にも繋がります。