ワードプレスでリンクを貼る方法と2つの注意点を解説

リンクイメージ スクラム

ワードプレスでブログ記事やコンテンツを作成する際にコンテンツに関連するリンクを挿入したくなるシチュエーションがあると思います。

参考サイトのリンクや関連記事などリンクを貼ることによってコンテンツがより充実して魅力的なものにすることができます。

ランディングページや固定ページでのリンクや画像にURLを設置してサイトに飛ばしたりなどリンクを貼るシチュエーションは非常に多いですよね。

今回はそんな便利なリンク機能を紹介します。記事投稿画面でのリンクの張り方や、別タブでリンクを開くようにする方法も解説しますので、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ビジュアルモードでリンクを貼る

まずワードプレス記事投稿画面のビジュアルモードでのリンクの貼り付け方を解説します。

歯車マークをクリック

記事の作成画面でリンクを挿入したいテキストをハイライトします。

ツールバー上にある赤枠で囲まれているリンクマークを選択します。するとリンクのURLを挿入する画面が表示されますので、こちらにリンクさせたいURLを入力します。何も変更がなければ青い決定ボタンをクリックして終了です。詳細な設定がしたい場合は歯車マークをクリックして設定画面を開きます。

リンク設定画面

詳細設定画面では過去記事などを検索してURLとして挿入する便利機能やリンクの文字列の変更ができたり、リンクをクリックした際に新しいタブで表示するかなどが設定できます。

設定が完了したら「更新」をクリックして完了です。

プレビューで確認

プレビューで確認するとテキストにリンクが挿入されていることが確認できます。

テキストモードでリンクを貼る

次にテキストモードでリンクを挿入する方法です。

linkをクリック

記事作成画面でリンクを貼り付けたいテキストをハイライトして「link」をクリックします。

リンクを追加をクリック

するとビジュアルモードの設定画面と同じ画面が表示されますので、ここにURLを入力して任意で設定をします。

設定が完了したら「リンクを追加」をクリックして完了です。

プレビューで確認

テキストモードでもリンクをしっかりと追加できました。

ページ内リンクを貼る

ページ内の任意のテキストにジャンプさせる「ページ内リンク機能」を簡単に挿入するにはプラグインを活用すると良いでしょう。おすすめプラグインは「Easy Smooth Scroll Links」です。

https://wordpress.org/plugins/easy-smooth-scroll-links/

Easy Smooth Scroll Link

プラグインをインストールしたら有効化します。

リンクしたい箇所にマウスカーソルする

まずはじめに記事作成画面で「リンクの着地点」にしたいジャンプ先のテキストの先頭にマウスカーソルを合わせます。

ツールバーにプラグインをインストールしたことによって「アンカー」ツールが追加されているので、こちらを選択します。

タイトルに名称を記入

「アンカー」と表示されますので、こちらに任意のテキストを入力します。このテキストはページ内リンクのIDとして認識されますので、自分が記事作成の際に分かりやすい文字列で結構です。

入力が完了したら「OK」をクリックします。

リンクマークをクリック

次にジャンプ元となるテキストをハイライトしてリンクマークをクリックします。

#をタイトル先頭につける

ここで先ほど設定したIDを入力するのですがリンク元にIDを入力する際は必ずテキストの先頭に半角の「#」マークを追加してください。

#マークを追加することによってIDとして認識されます。入力が完了したら「リンクを追加」をクリックして設定完了です。

リンクを新しいタブで開く方法

リンクを新しいタブで開くチェックをつける

新しいタブでリンクを開くように設定するにはリンク設定画面で「リンクを新しいタブで開く」にチェックを入れます。

チェックマークを入れたら「リンクを追加」をクリックして設定完了です。

リンクを新しいタブで開いた方がいいとき

記事に過去記事や参考サイトをリンクさせている場合、新しいタブでリンクを開くように設定した方がユーザーにとっても、いちいち戻る必要がないので便利です。

手順などを説明する際の画像を拡大表示するためのメディアリンクは現在のページ上で完結した方がスマートですので、リンク先の種類によって使い分けましょう。

nofollowリンクについて

「nofollow」とはメタタグに一種で検索エンジンのクローラーが記事を巡回しに来た時に「このリンクは見なくていいですよ」と認識させるために設定するものです。

記事内に挿入したリンクはSEOの観点から見て不利に働くことが大きいので「nofollow」にすると良いでしょう。

特に広告関連のリンクやリンク先の安全性を補償できないようなものに対してはnofollowを設定しておいた方が検索エンジンからしてもサイトの評価を落とさずに済みます。

nofollowをスムーズに設定するにはプラグイン「Ultimate Nofollow」を活用するのが便利です。

Ultimate Nofollow

プラグインをインストールしたら有効化します。

nofollowをクリック

ワードプレス管理画面より「設定」→「Nofollow」と進みます。

Nofollow all links in comments?の確認

プラグインの設定画面が表示されますので「Nofollow all links in comments?」にチェックが入っているか確認しましょう。

これは記事にコメント欄を表示させている場合、コメントと同時に入力されたリンクを自動的にnofollowにする機能です。コメント欄に投稿されるリンクは安全性が補償できませんので、チェックを入れておきましょう。

ちなみにデフォルトの状態でチェックが入っているので、その場合は何もしないで結構です。

Add rel="nofollow" to linkをチェックする

設定が完了したら記事の作成画面でリンクを設定したいテキストをハイライトしてツールバーにあるリンクボタンをクリックして詳細設定に進むと「Add rel=”nofollow” to link」という項目が新たに追加されていますので、こちらにチェックマークを入れることでリンクをnofollowにすることができます。

必要に応じて設定することで記事自体の評価を落とさずにすみますね。

簡単な操作なので是非、試してみてください。

ワードプレスでリンクを貼る方法のまとめ

ワードプレスには数種類のリンクの貼り方があることが分かりましたね。

ユーザーの視点に立った時にリンクを新しいタブで開くようにするなどの設定はサイトの運営者として必須の作業と言えるでしょう。より快適に記事を楽しめるようにする工夫はユーザーの離脱率を下げることにも繋がります。

SEOの観点から見てもリンクをnofollowに設定することは有利に働くことが多いですので、必要に応じて設定すると良いですね。

何をどう設定するべきか分からないと感じた方は「自分が読者ならどっちがいいか」と考えて判断すると良いでしょう。

テキストや画像を分かりやすい形でリンクと認識してもらえるように工夫してみることで、きっとサイトにとってメリットになるでしょう。

スポンサーリンク